次世代へ受け継がれる制作

細部までこだわって作る

プラットフォームが、スマートフォンやタブレットのような小さめのモニターだからといって、ディテールにこだわらないのは間違いです。
小さなモニターであっても、画質は向上していることから、意外と細部まで見て取れてしまうからです。
ですから、スマホゲームのほとんどの場面で使用されているアニメーションを制作する際には、そうしたことも考慮して作る必要があるのです。
ですが、細部にまでこだわって作り込むということは、ファイル数が増えるということでもあることから、アニメーション制作者は長く葛藤を抱えてきました。
なぜなら、ファイル数がかさむということは、コストがかさむということでもあるからです。
どんなものでも、制作する際には「コスト」が決められていることから、それを守りながらクオリティの高いものを作るということは、なかなかに大変なことなのです。

さらに、ファイル数が多いということは、ローディングに時間がかかるということでもあり、これはユーザーにとってあまり嬉しいことではありません。
気軽に楽しむことを目的としてダウンロードしたゲームが、重くて動きが鈍いとあっては、楽しさを実感することができないからです。
ですから、アニメーション制作者たちは、こうした部分にも配慮して制作にあたらなければなりません。
細部までこだわって、けれど軽快な作動を実現しなければならない。
これは、なかなかに難しいことでしたが、「スパイン」というソフトウェアがリリースされたことで、状況は一変しました。

「スパイン」は、2Dアニメーション用のソフトウェアなのですが、ボーンという骨格データを入れることによって、人のような滑らかな動きを作ることができるだけでなく、少ないファイル数でアニメーションを制作することができるのです。
つまり、高画質に対応したアニメーションを制作しても、コストやファイル数を削減することができるということです。
ですから、現在では多くの制作会社が「スパイン」を使用してアニメーションを制作しています。